消泡剤は泡を消す役目を果たす

消泡剤を投入することにより、材料の中に発生した泡を消すことができます。水であっても振動を加えることにより、泡が発生します。それは出来上がりの状態に大きな影響を与えます。そもそも泡は薄い膜でできたもののことです。

幼いころにシャボン玉遊びをしたことを覚えているはずです。シャボン玉は石鹸水で作ることができますが、子供にとっては夢のようなひと時です。しかし製造業においては決して歓迎されません。ですから消泡剤で泡を消す必要があります。

対象物に適した消泡剤を用いなければいけません。消泡剤の値段は安いものもあれば、高いものもあります。品質にも差があるので、できるだけ良い物を選ぶようにしましょう。一つの製品を作るために、複数の材料を入れなければいけません。

添加物も必要となります。原価をできるだけ安く抑えたいと考えるあまり、品質まで落とす必要はありません。モノづくり大国と言われて久しいですが、その背景には国民性や文化が関係しています。一つずつ丁寧に行うことは正しいこととされてきました。

いい加減な仕事をすることは、徳に反することです。そのため、小さな部品を作ることにかけては右に出るものはいません。海外に工場を移転させたときに問題となるのはその点です。国内と同じレベルで製造してほしいと考えますが、必ずしも要望すべてが伝わるとは限りません。

現地の品質基準とは大きく異なるからです。いかに妥協しないかは大事なポイントです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.