消泡剤を使用する効果について

消泡剤とは液体に泡が発生するのを抑えたり、できてしまった泡を消したりするために加える添加物のことであり、食品や化粧水を製造する際に使用されます。消泡剤にはシリコーン系のものと界面活性剤やポリエーテルといった有機系のものとがありますが、最も多く活用されているのが即効性に優れ、多くの種類の液体に対して効果がみられるシリコーン系のものです。一方、有機系のものには水性の発砲液に対して持続的な効果がみられるという特徴があります。泡を消すためには表面張力が小さく拡張性の大きいものが、泡の発生を抑えるには表面張力が小さく溶解性の小さいものが効果的だとされているため、理想的な消泡剤は表面張力が小さいかつ拡張性が大きく溶解性の小さなものだということになります。

製品の製造過程の中で泡が発生してしまうと、泡が消えるまで製造が止まってしまったり完成した製品の見た目や品質が悪くなったりしてしまいます。泡を消すための手段として人の手ですくったり機械を使ったりするという方法もありますが、消泡剤を使用した方が作業効率に優れているだけでなく、人件費を削減できるため経済的にも優れています。また、製造する製品の種類によってはみられる問題が、長時間泡が発生してしまう作業が必要になることです。しかし、消泡剤の中には泡の破壊と発生の抑制との効果が長時間にわたって持続するものもあるので、一日中作業し続けなければならない時などにも適しているといえます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.