豆腐の消泡剤は有害物質か

消泡剤は効率よく豆腐を大量に製造するために非常に便利なものとなっていますが、化学物質であるため健康に害があると考えている人も少なくありません。実際に本来豆腐を製造する際に発生する大量の泡を消泡剤を利用して消すことで、作業効率を高め効率的に豆腐を製造することができるため、人為的な操作を行っているのではないかと心配する人も多いものです。また昔ながらの製造方法を行っているところでは、消泡剤を使用していないところもあるため、その味の違いはこの薬品によるものであると説明されている場合もあります。しかし実際には、現在使用されている消泡剤は基本的に豆腐の中に混入する事はなく、また人体に無害なものとなっているので特に問題はないと言う説が有力です。

日本では安全性に問題がある食品は販売することができず、これは食品安全規格であるJAS規格で厳密に規定されているため、品質の面でも安全性の面でもその最低限の部分は確保されているものとなっています。消泡剤が1部の人の間で敬遠されることが多いのは、昔ながらの豆腐の作り方であれば非常に品質が良く、味が良いと考えられている先入観によるところが大きいと言われる部分も少なくありません。しかし豆腐はその他にも様々な昔とは異なる製法の違いがあり、凝固剤やその他の薬品によって、従来よりも大量に製造をすることが可能となっています。そのため単位あたりの原材料に対して製造できる豆腐の数が非常に多くなっており、これが味が変化している大きな原因となっているのがポイントです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.