消泡剤の意味とその効果

消泡剤とは、対象の発泡液に対してごく微量添加することによってその発泡を抑えることを目的としています。発泡とは液体が薄い膜になり空気を包むことであり、その生成には表面張力や粘性などが重要な因子となります。発砲を押さえるには破泡と抑泡に脱気の3つの作用があります。泡は界面活性物質等が規則正しく並んでいることで、薄膜は一定の厚さを保っています。

しかし、そのバランスを崩してしまう成分を侵入させることで、それまで保たれていたバランスを崩壊させることで膜の弾性が失われてしまいます。結果としてその膜は薄くなり過ぎて破れてしまうのですが、これを破泡作用といいます。次に、消泡成分を発泡液に混入させておけば、規則正しく並んでいた界面活性物質が並び方を不規則なものにしてしまいます。それにより液の中に含まれていた空気が液表面に出てしまうことを抑制します。

この消泡成分の働きを抑泡作用と言います。もう一つは脱気作用といいます。これは消泡剤に含まれる成分で、液の中に存在する複数の空気をまずは一つにまとめてしまいます。一つにまとまってしまった空気は元の小さな気泡より浮力が強くなり表面に出てしまうスピードがアップします。

早く出てしまうか、出てしまった気泡は破泡作用と抑泡作用により表面に出ることができなくなるか、破られることになります。いずれの作用によるかではなく早いタイミングで働きを完了させることができるのです。以上の効果により製品の質を向上させ、またはその製品が出す結果をより良いものにする事ができます。例えばその製品が塗料だとすれば、製造中は発生した泡が充填作業を阻害し、塗装すれば美観が損なわれることにもなります。

消泡剤の果たす役割は他にも多数あり、欠かすことのできない存在になっています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.