消泡剤の種類にはどのようなものがある?

食品や工業製品、化粧品などを製造した際に、液体に気泡が発生することがあります。消泡剤は、これらの気泡が発生した液体に対して極微量に添加して発泡を抑える働きをしています。液体に泡が生成されるには表面張力、泡の粘性などの因子が関係していると言われていますが、消泡剤は泡膜の表面を不均衡な状態にすることで、気泡を消してくれます。消泡剤には、大きく分けてオイルタイプや活性剤タイプ、エマルジョンタイプなどがあります。

オイルタイプは、鉱物油などを主成分としていて水系液体に対して高い消泡効果が期待できます。気泡を素早く消す即効性に優れていますが、持続性はあまりありません。また、主成分が油なので河川などに大量に流出してしまうと環境へ悪影響を及ぼすことがあります。排出基準が法律で決められているので、廃棄方法には注意が必要です。

活性剤タイプは、油性物質に消泡の性質をもつ界面活性剤を配合してつくられています。界面活性剤といえば洗剤を思い出す方が多いと思いますが、実際には様々な特性を持つものが存在しています。活性剤タイプの消泡剤は、安定性にすぐれているので、長期間貯蔵したいものに使われる傾向があります。エマルジョンタイプは、水に消泡成分を乳化・分散させてつくられています。

あらかじめ水に溶けているので、水中で拡散しやすいのが特徴です。長期保存すると変質してしまう可能性があり、長期間の保存にはあまり向きません。消泡剤にはさまざまな特徴があるので、用途や長期保存の有無などを考慮したうえで、使用する双方剤が決められています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.