多彩な種類がある消泡剤は経費削減を実現します

工場で使われる資材類の中には、消泡剤と呼ばれるものがあります。この資材は泡を消すことを意味しており、液体状の対象物に対して添加をすることで泡が出来てしまう問題を一気に解消できる能力があります。商品を製造している工場の中には、液体樹脂を使って成形する作業を行っている工場もありますが、液体状の原材料に泡や気泡が混入している場合、そのまま金型などに入れてしまうと不良品が出てしまいます。不良品が出てしまうことを前提に工場で物作りを行っているとすると、完成後にはベルトコンベアなどを使って大勢のスタッフによる目視点検を必要とします。

この状態では貴重な時間を失ってしまう問題と、点検作業を行うスタッフの人件費が高くなること、大切な材料を無駄にしてしまう問題などが出てしまうので、消泡剤を使うことは大前提になります。他にも物理的な方法で泡を消す手段はありますが、特殊な機械器具を導入しないと物理的な方法は使えないので、科学的な方法で簡単に使える消泡剤はコストカットを万全にすることにも貢献します。対象物に対して使う容量は異なり、同じ材料でも量による違いも出てきます。この部分だけをしっかりと守って使えばいつでも安定した品質の良い商品を製造することができます。

シリコーンタイプがメインに使われていますが、このタイプでもオイル型やエマルジョン型、自己乳化型など種類は豊富にあります。用途によって選び出す必要性がありますが、自社で判断できない場合はメーカーによる調査を行ってもらえば最適化した商品を活用できます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.