消泡剤の選び方のポイント

消泡剤は主に製造工程加工の中で発生した泡を消す時や、予め泡が発生するのを抑える役割のある添加物です。作業効率がアップするなど、あらゆるメリットがあることは間違いありません。一口に消泡剤と言っても種類も豊富にあり、即効性のあるオイルタイプだったり、界面活性剤タイプやエマルジョンタイプ、特殊タイプなどあらゆる種類が存在しているので、用途に合わせて最適なものを使うことがポイントとなってきます。金属加工業やプラスチック製造業だったり、洗剤製造業を始めとしたあらゆる業種で使用されていますが、あまり身近には感じていない人が多いのではないでしょうか。

しかし身近なものとして、食品用の消泡剤で豆腐の製造時に使用されているなど、想像している以上に身近な存在ということは間違いありません。種類による違いだけではなくメーカーによる違いもあるので、どのメーカーの商品を選ぶのかも重要なポイントということは頭においておきましょう。値段は比較しやすいポイントになりますが、成分や含有量の違いから効果にも差が生まれることは確かです。豊富な実績があり多くの人が使用していたり、リピーターが多いメーカーの商品から選ぶと安心出来るのではないでしょうか。

オイルタイプや界面活性剤タイプは油性の製品の発砲液に使い、エマルジョンタイプは食品添加や廃水処理用に使用することが一般的です。特殊タイプは削油や不凍液、塗料と言った内添用消泡剤として使用出来ます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.