消泡剤について紹介します

ここでは、消泡剤について紹介します。一般的な消泡の基本的な作用は何でしょうか。消泡剤の作用は、消泡の2つの機能に大きく分けることが可能です。気泡破裂は一度発生したあぶくを破壊することであり、気泡抑制はあぶくの形成を抑制します。

両方の効果がある消泡が理想的と言われています。この消泡はどのような条件下で発生しますか。消泡の効果は、膨張性(分散性)と水への溶解性の特性から見ることが可能です。消泡には高い膨張性(分散性)や低い表面張力などの条件が必要です。

消泡剤には低い溶解性や低い表面張力などの条件が必要であると考えられて理想的です。泡剤は、表面張力が低く・水への膨張性(分散性)が高く溶解性が低いという条件を満たしています。シリコーンは、表面張力が低くて膨張性と水への溶解度が低いというのが特徴です。したがって、消泡は非常に優れています。

しかし、消泡はやや不十分です。シリコーン剤の水中での膨張性(分散性)を高めるために、O/Wタイプのエマルジョンに乳化することが必要になります。シリコーン乳化剤とブレンドすることにより、理想的な泡剤です。シリコーンは表面張力が低いですが、詳しく説明してください。

シリコーンオイルの表面張力は、一般的なオイルや溶剤に比べて非常に小さくなります。ジメチルシリコーンオイルの表面張力は、粘度が高くなるにつれてわずかに増加します。しかし、100mm2/s以上のものは20.9~21.3ダインです。これは、鉱油29.7および水72と比較して非常に小さいです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.