消泡剤の種類と使い方

泡を消したり発生を抑える消泡剤は、シリコーン系や界面活性剤を始めとして、高級アルコールやポリエーテルなどに分けられます。中でもシリコーン系は速効性と汎用性を併せ持つことから、幅広く製造現場などで活用されていますし、使えないと仕事にならない現場も多いです。また水性や油性の液性を問わずに有効性を発揮するので、消泡剤といえばシリコーン系を意味する場合も珍しくないです。更に細かく分類すると、オイルタイプは純度100%のシリコーンオイルで、水や溶剤が使えない発泡液に適しています。

溶液タイプは作業性が良くて分散性が高く、オイルコンパウンドタイプは油性と水性にも優れた効果を発揮するのが特徴です。エマルジョンタイプは、汎用性重視で食品から廃水処理にまで使える、便利で何かと活用できる消泡剤です。自己乳化タイプは水に希釈して使うのが特徴で、水性の発泡液や酸性、アルカリ性の液体にも消泡効果を発揮します。消泡剤は基本的に添加して使うもので、原液のまま使えるタイプもありますが、一般的には分散性を高める為に希釈するのが普通です。

効果を最大限に引き出すには、発泡液と消泡剤の種類によって、最適な割合で添加量を算出することが不可欠です。添加量が正しくないと効果は半減しますし、期待した効果が得られないばかりか無駄になりかねないので、使用する製品の説明に目を通して添加量を確認したり、しっかりと希釈することが重要となります。消泡剤のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.