暮らしで消泡剤を活用するには

毎日の暮らしの中で、自宅での掃除は必ずする事です。掃除をする時に洗剤を使って行いますが、洗剤はつけ過ぎると泡切れが悪くなってしまいます。この状況を打破するのに便利であるのが消泡剤です。これは、洗剤に混ぜる事で泡の発生を抑える効果があります。

また、泡を壊す効果もあり、色々な溶剤と組み合わせて使われる事が多いです。会社や学校などの清掃を担当している清掃会社でも、洗剤を洗い流し易くする為に、業務用洗剤に消泡剤を少し入れて清掃が行われています。清掃会社が行っている方法を家庭でも行う事ができ、家庭で消泡剤を使うのに一番適した用途が掃除の時に泡の発生を抑えるという方法です。泡切れが悪いと、それだけ掃除に使った洗剤を流し切るのに水が必要となります。

水を大量に使うと、水道代にもかかわってくる為、出来るだけ少ない水量で洗剤を流したいのであれば、泡切れを良くする必要があります。消泡剤は、少ない水量で洗剤を流すという要望に応える事が出来ます。泡は、表面張力や粘性が因子となって発生するので、この状態を不均衡にすれば、泡が発生しにくくなります。消泡剤は、発泡する環境を崩すという性質を利用し、発泡を抑えたり、消泡をしたりといった用途に広く使われるようになりました。

食品添加物としても使われる事があり、豆腐を生産する過程でも使われていました。産業界では、不純物や空気が入らないようにしたい時に使われる事が多いです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.