大豆を煮る時に使うと便利な消泡剤

大豆を煮る時に消泡剤を使うと楽です。大豆は煮る時に泡が溢れるほど出ますので、何も使わないと出てくる泡と共に、煮水がなくなってしまいます。そこで消泡剤を使うと泡が出なくなり、大豆も楽に煮あげることができます。消泡剤というものは、液体に泡ができるのを防ぐため、あるいは出来た泡を消すための添加物です。

皆様が毎日のように食べているお豆腐も、作るときに消泡剤を用いて豆腐を作っています。また、お味噌作る時もそうです。今は家庭で手作り味噌をチャレンジする方も多いでしょう。その味噌を作るときにも、まず大豆を煮てから作ります。

この大豆を煮る時には特に足した水がなくならないように、あるいは泡と共になくならないように気をつけたいですが、その泡は沸騰し始めからどんどん出てきます。牛乳を温めるときと同じで、あっという間に泡があふれてきます。その溢れてくる勢いは雪崩れが迫ってくるようにも感じます。なぜなら大豆の煮汁が沸騰と共に噴いてきますからです。

その消泡剤は企業だけではなく、家庭でもなくては困るものです。料理する時に大変便利になるものですので、今後の生活に役立てるように利用してみてもいいでしょう。今は家庭料理が人気ですので、お味噌つくりにも挑戦してみてはいかがですか。自分で作ったものは安心で、材料本来の味を楽しめます。

お店で買ったものと味は格別に美味しいですので、是非この便利な添加物を利用して、料理を楽しむことをお勧めです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.