消泡剤について知っておくこと

豆腐を買った時に、成分として消泡剤が含まれていることが多くあります。この消泡剤とは、豆腐を作る際に、大豆を煮ることで出てくる大量の泡を消す効果のある添加物のことです。近年、添加物は人間の身体に良くない影響を及ぼすことが知られるようになりました。したがって消泡剤が入っていない豆腐も販売されています。

気になる場合には、この添加物が入っていないことが説明された豆腐を買うようにします。消泡剤を入れずに泡を消し豆腐を作るためには、手間や時間、おおがかりな装置が必要になってきます。普通の豆腐屋さんでは無理があるため、この添加物を入れて販売することが多くなっています。消泡剤には、油脂系(植物性油脂)のもの、グリセリン脂肪エステル、シリコーン樹脂といった種類があります。

シリコーン樹脂やグリセリン脂肪エステルがよく使われており、グリセリン脂肪エステルは乳化剤と記されていることも多く、よく見かけます。これらはすべて毒性がないものとして知られていますので、身体への悪影響はないものとして認識しておくようにします。微量の添加物を心配することよりも、生産過程において安心して購入できる大豆が使われていることや、多くの人達に評判の良い、美味しい豆腐を購入することが大切です。商品を購入する際には、材料について知りたくなる購入者の心理を良い方向に働かせて、添加物の有無や摂取して良い添加物等についても認識しておくと良い消費者になれます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.