消泡剤の性質と意外性

消泡剤は、対象となる発泡液に対しごくわずかな量を添加する事でその発泡を抑える目的で使用します。また出来た泡を消す為にも使われる添加物です。発泡とは液体が薄い膜になり空気を包む事です。生成するには表面張力、粘性等が重要な因子であるとされています。

消泡剤とは泡膜の表面を部分的に不均衡な状態に保ち不安定化させる物質と言えます。消泡剤の作用を大きく分類すると破泡性と抑泡性の2つの機能に分けられます。破泡とは1度生成した泡を破壊する事で、抑泡とは生成を抑制する事です。様々な製品の製造で製品自体かその製造工程で泡が残ると不都合である場合に使用されます。

身近な物で言うと、食品の製造や化粧品等を作る途中で使われます。水の様な高い表面張力を持つ液体において界面活性剤や高分子化合物が含まれる場合に安定して存在します。なので液体全体か、部分的に表面張力を低くする事で消す事が出来るので、この性質を持つ物質が消泡剤として使われます。水に対しては一般に親油性の高い界面活性剤で液体表面に広がり易い物がよく使われます。

豆腐の製造工程では、豆乳の表面に残った泡を消す目的で植物油から作られた加工品を加える事が既に江戸時代に確立されました。現代では消泡効果が高く毒性の少ないシリコーンオイルを水性の乳化剤として使用された物が食品や化粧品或いは日用品に幅広く使われていて、胃腸のガスを除去する為の医薬品としても使われています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.