身近なところで使われている消泡剤

消泡剤は液体に泡が出来るのを防いだり、出来てしまった泡を消したりする目的で使われている添加物です。泡が入ると作業の能率が悪くなったり、品質が下がったりしてしまう場合に使われています。様々なところで消泡剤は使われていて、食品から工業用まで幅広い用途があります。多くの人にとって身近なところの一例としては、食品や化粧品などが挙げられるでしょう。

中でも有名なものは豆腐の製造で使われているものです。大豆を原料とする豆腐は、一般家庭でも良く消費されている食品です。水に大豆を浸したのち、それを砕いて煮た汁を搾り、にがりで固めて作られています。滑らかな食感のこの食品を作る過程では、消泡剤が使われることが少なくありません。

大豆の原料に含まれている成分には、泡立ちやすい性質のものがあります。そのためもともと豆腐は泡ができやすいのです。泡ができたまま製造したとしても食べられないということはありません。しかし見た目が良くなかったり、日持ちが悪くなるという出メリットがあります。

豆腐を作る際には、泡を消すための添加物を必ず使わなくては作れないというわけではないです。しかしもし消泡剤を使わないで、滑らかな豆腐を作るとなると泡を取り除くための手間が多くかかってしまいます。そのようなことから豆腐には泡消しのための添加物が使われるようになりました。消泡剤は出来上がったあとの豆腐には残らないと言われています。

そのため気にすることなく食べることが出来ます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.