泡の発生を防ぐ消泡剤

製品加工の現場や排水施設などで問題となるのが、泡の発生です。残ると不都合な泡の発生を抑えるためには、消泡剤を使用します。ごくわずかな消泡剤でアワは消える仕組みになっており、大変便利なものです。消泡剤には複数の種類があり、界面活性剤タイプ・エマルションタイプ・特殊タイプなどがあります。

こうした種類があるのは、出来た泡や液体の種類によって、成分を変更する必要があるからです。たとえば、オイルタイプの消泡剤。こちらは油性物質を主体としています。これは水液タイプの泡を消す際に大きな効果を発揮し、速やかに泡を消すことが可能です。

即効性はあるものの、効果は長く続かないのでこうした特性を把握しておく必要があります。界面活性剤タイプは、液体洗剤に使われているイメージがあるものです。そのため反対に泡を立たせるのではと思われがちですが、異なる成分を合わせることで、泡を消す効果が得られます。貯蔵性に優れており、長期間の保存であっても性能が劣化することがありません。

ただし、使い方を間違えるとかえって泡を立たせる原因ともなります。エマルションタイプの消泡剤は、打ち消す成分を水に素早く分化・乳化させることで、アワを抑えることが可能です。長期間の保存には向いていないですが、水中に広く拡散させることに向いています。このように、種類とそれぞれの特徴を把握し、活用することで泡の問題を解決することが出来るのです。

他にもシリコンを使用したものなどが、研究されています。消泡剤のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.