食品に用いられる消泡剤について

世界では日本食が非常に注目されています。日本食の和食は、彩が良く繊細な技術であり、見た目にも美しく芸術作品の様だとして評価が高いです。職人による包丁さばきは、他の国では見られない程高度で精巧な技術と言えるのです。飾り切りなどは、日本の彫刻芸術を思わせるものであり、なかなか真似は出来ません。

日本人独特の感性と長年培われた繊細な技術で日本食の和食は成立しているのです。それと同時に地産地消で旬や季節を感じられる食材も豊富であり、健康志向の現代にとって世界中で愛されるようになってます。なかでも豆腐という料理は、健康的でローカロリーなスローフードということができるでしょう。豆腐作りは想像以上に繊細で、技術のいるものです。

豆腐に含まれるサポニンが水と混ざると発砲し、泡の気泡をたくさん作ってしまうからです。気泡が多いと舌触りがなめらかではありません。そして気泡がたくさんあることで、腐りやすく味が落ちやすい特徴があるのです。そのため豆腐作りでは、気泡をなくすことが非常に重要視されるます。

そこで消泡剤が使われ、気泡を無くしなめらかで日持ちする豆腐を作り上げるのです。豆腐作りでは消泡剤としてシリコーン系消泡剤や有機系消泡剤が使われます。表面張力を引っ張って泡をつぶして消すという原理です。消泡剤はいわゆる食品添加物の一種ですが、使っても成分は残らず、あまり人体に影響はないとされています。

現代ではこうした添加物を不使用な豆腐を見つけることは難しいです。むしろ使用している大豆の品質にこだわり、遺伝子組み換えでないものを食べることが人体にとっては重要なことと言えます。消泡剤のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.