消泡剤についての説明

消泡剤と聞いてもあまりイメージがわかないかもしれません。確かに消泡剤は主に工業製品を生産するときに使用されるものですが、身近にも使われています。食卓に上っている豆腐の原料は大豆ですが、その大豆の中に含まれるサボニンは天然の乳化剤なのです。放っておいたら泡だらけになって日持ちが悪くなるので必要なのです。

発泡現象はそもそもどうやって起こるのでしょうか。そのメカニズムは単純で水性あるいは油性状態の液体の中に界面活性剤がや高分子化合物が入り込むことで起こります。発泡のメカニズムについて理解が進んだので、次は消泡のメカニズムを説明します。消泡は二つの現象の内の一つが起こることで達成できます。

一つ目は泡の膜の表面張力が低下することによって泡が収縮するのです。もう一つの現象は泡の表面が全体的に不安定化することで泡が消えます。二つのうち一つかあるいは両方が起きたときに消泡が成功したと言えるのです。次に消泡剤にはどんな種類があるのか説明したいと思います。

消泡剤はシリコーン系と有機系に大別できます。有機系の中には界面活性剤やポリエーテル等が含まれています。シリコーン系の特徴は速効性と汎用性に優れている点です。場面を問わずに使えるところがシリコーン系の優れたところです。

有機系はシリコーン系に比べて汎用性に劣っていることは確かですが持続性があるのが特徴です。シリコーン系の使用方法としては原液のまま使うこともできますが、水や溶液で希釈してから使うのが一般的です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.